中2の頃、同じクラスにあきなって女の子がいた。顔はロリ系で可愛いが、驚くべきはそのスタイルである。

同じクラスになった時からやたらデカいな、とは思っていたが、身体測定の時にその真相を知ることができた。 ある女子が「あきなのおっぱいカップー!」と言い、あきなが「もう! 言わないでっ!」と叫んだのだ。

僕は本当かと思い、こっそりあきなの身体測定表を見た。そこには確かに胸囲90cmと書かれてあった。僕はあのロリ巨乳あきなちゃんのお乳を揉みたい……と心から思った。

とは言ったものの、あきなにイタズラするいい方法も思いつかず、しばらくは制服の下でぷるぷる揺れるおっぱいを見ているだけだった。

そしてある日、まじまじ胸を見ていたのをバレ、あきなに「見ないでよスケベ!」と言われた。

でもその言葉も僕を興奮させた。そして僕はとうとう痴漢的な行為にでることにした。

ねらい目は音楽室に行く前。音楽室前の廊下は狭く、先生が鍵を開けるまでは生徒がぎゅうぎゅうで身動きが取れないのだ。

そしてチャンスが来た。僕はあきなの真後ろに寄って腕を回し……むにゅむにゅっ!素晴らしい感触だった。制服の上からでもわかるFカップの大きさ。そして弾力性。

「いやんっ!」あきなちゃんは悲鳴を上げるが僕は素早く遠ざかる。 そしてあきなが注意をそらすとまた近づいて、……むにゅむにゅっ!またおっぱいを触る。「いやっ!」またあきなが悲鳴を上げるがバレない。

今度はあきなも警戒しているらしく、胸を押さえている。僕はまた近づいて、ピラッ!スカートをまくり上げてやった。あこがれのあきなのパンツ。純白だった。そしてパンツの中に手を入れてキュッキュッと直に桃のようなお尻を揉む。

「いやん!もうエッチ!」とあきなが言ったのでバレたか、と思ったが大丈夫だった。周りの生徒も気づいていない。僕はますますあきなにエッチなことをしたいと思うようになった。

今度は何をしてやろう……。そういえばあきなちゃんは水泳部だ。部とはいっても三年生が引退し、部員はあきなちゃんしかいない。水泳といえば水着、水着になるにはハダカ……。これはもう行くしかない。そう思った。

翌日の放課後、僕は家からカメラを持ってきてあきなちゃんより早く女子更衣室に忍び込んだ。そして掃除用具のロッカーに身を隠す。僕はロッカーの中で早くあきなちゃんに勃起を見せ付けるためパンツを脱いで待った。

すると更衣室のドアが開き、「はぁ、暑い……」と言ってあきなが入ってきた。そして豪快にポロシャツを脱ぐとぷるん!と白いブラジャーに包まれたFカップ巨乳が出てきた。そしてスカートも脱ぎ、魅力的すぎる純白下着姿になった。

僕はカメラの準備をし、ばん! カシャ!とロッカーのドアを開けると同時にシャッターを押し、無防備なあきなちゃんの下着姿をカメラに収めた。

「いやあああん! 変態!」

僕の勃起を見たあきなちゃんが悲鳴を上げる。僕は「あきなちゃん、ちょっと言う事きいてもらうよ」と言った。あきなは「いやぁ!エッチ!」と言う。しかし、「じゃあさっき撮ったあきなちゃんの恥ずかしい写真学校中にまくよ?」と脅かすと、「え……、ダメ! 何すればいいの?」と、すぐに観念した。

僕は「よし。じゃあまずはあきなちゃんのおっぱいを触らせてもらうよ」と言い、「いやぁん。ダメ」とあきなが言う。「じゃあ写真を……」「もう……わかった。触っていいよ……」とあきなが言った。

僕は「違う。どうぞあきなのおっきいおっぱいをお触りくださいだろ?」とあきなに言う。あきなは「おっぱい」という言葉が恥ずかしいのか、もじもじしてから「ど……、どうぞあきなのおっきいおっぱいをお触りください」と言った。

「いい子だ」僕は言い、今度は正面からブラ越しにFカップ巨乳を揉む。僕はしきりに「エッチなお乳だねぇ」など恥ずかしい言葉を言う。そのたびあきなは胸を揉まれる快感とスケベな言葉攻めに反応して「いや……いやん……」と甘ったるい声を上げる。

そして僕はブラを外してやった。小さくピンク色の乳首が露になる。それをクリクリと刺激するとあきなはとうとう我慢できなくなったのか、自分で股間をいじくり始めた。

僕は「やっぱおっぱい揉んでもらうとキモチいいんだ」と言った。あきなは恥ずかしそうに「キモチいい……」と正直に言った。

僕は「じゃあその一番キモチいい部分みせてよ」と言った。僕がパンツを脱がすより、自分で脱がせたほうが楽しいからだ。「そこはダメぇ!」と抵抗するが、僕が写真をまくぞ、と言うと「もう……いやぁ……」と泣きそうな声で言い、股間を手で隠しながらゴソゴソとパンツを脱ぎ、とうとうあきなちゃんは全裸になった。

僕は「じゃあこれで最後。僕をキモチよくさせて」と言った。

「その……、おちんちん触ればいいの?」
「いや、たださわってもらうだけじゃだめだから。まずはこれを舐めてくれる?」

僕は勃起をあきなに差し出した。「じゃあ……舐めるよ?」とあきなは言い、ペロペロと僕の股間を舐めた。

「そうそうその調子」とあきなに言い、自分はあきなの巨乳やまだあまり毛の生えていない秘所を刺激する。 あきなの股間からはとろとろと粘っこい液体が流れ出ていた。

僕の勃起があきなの涎でヌルヌルになると、「じゃあおちんちんをあきなちゃんのおっぱいに挟んで」とあきなにお願いした。

「え……ムネで、挟むの?」
「パイズリっていうんだよ。あきなちゃんみたいにおっぱいの大きい女の子にやってもらうとすごくキモチいいんだ」

僕はそう説明し、あきなのムネの谷間に勃起をうずめた。「これでどうすればいいの?」とあきなが聞いてきた。「自分でおっぱいをムニュムニュすればいいんだよ。」と答え、むにゅむにゅむにゅむにゅ! ぱふぱふぱふぱふ!Fカップ巨乳中学生のパイズリ……、とてつもなくキモチいい。

「あんっ! やんっ!」あきなが声を上げ、そして、ドピュッドピュっ!あきなのカラダは僕の白いミルクで汚された。

「いやぁぁんっ! 何コレ!?」あきなは自分にかけられた始めて見る液体に驚いた。 僕は「キモチいい液体だよ。あきなちゃんにも出せるよ……、ホラ」と言い、あきなの股間を舐め回した。

「いやぁ! いやぁ! やだぁ!」あきなが言い、そして……「いやぁぁぁ!」どぴゅ!どぴゅ!あきなも大量の恥ずかしい液を出し、イッた。

「いっぱいだしたねぇ……、じゃあ今度は僕の番」僕は言い、またあきなにパイズリを要求し……。その後あきなを三回くらいイカせ、自分はパイズリによって五回射精した。 そして自分の愛液と僕の精液でドロドロになった巨乳中学生あきなちゃんを尻目に「楽しませてもらったよ」僕はいい、更衣室を出た。