俺が小3、姉が小6の時。両親が留守している夏休みの午前中、2人で押し入れの中で遊んでいました。

その時、姉が突然「おっぱい揉んで!」と言って俺の前で着ている服を全部脱いで裸になりました。

俺は余りの事にしばらくはためらいましたが、大好きな姉のおっぱいが目の前にある事への興奮が勝って、仰向けに寝ている姉のおっぱい(今考えるとB〜Cカップくらい?) を揉み出しました。夢にまで見た姉の生パイは、若々しく張っているのに柔らかくて、コリッとした芯があって、最高の感触でした。

俺は調子に乗って「今度はお尻がイイ!」と言って、姉をうつ伏せにしてお尻を鷲掴みにしました。

どの位経ったのか、姉が緊張した口調で「今度は私がH(俺)のちんちん揉んであげる」 と言って俺のズボンを脱がすと、おもむろにティムポを弄り出しました。

ティムポはすぐに全開に勃起してしまい、姉がそれをくわえ2〜3回頭を動かしたらあっという間に射精してしまいました。俺は頭が真っ白になり、その後どうなったのか全く覚えていません。

当時俺はそれが何だったのかまるで理解できないまま時日が過ぎました。

そして5年の月日がたち、俺は本格的に性に目覚めました。友達とエロ本を交換してオナニーを覚え、5年前の事も理解できるようになったのです。

当然、性の興味は姉に向けられました。高2の姉はカッコイイ彼氏絶えないほど奇麗になり、スタイルも抜群でちょっとした有名人になっていました。先輩から姉の写真の盗み撮りを頼まれたりもしていました。

家での姉はTシャツに透けブラ(赤と黒が多かった)、ショートパンツの隙間からはレースのエロいパンツが丸見えで、俺はいつもそれをネタにオナニーしていました。

ブラジャーを見るとホックの所にはと書いてあり、それより若干大きいブラは特注なのかサイズは書いてありませんでした。

ある夜俺は姉を犯す夢を見て初めての夢精をしました。そして姉への征服欲は膨らんで行くのでした。

俺は姉が風呂から上がった瞬間を狙っては、知らない振りをして脱衣所に入って姉の裸を見たりしていたのですが、流石に姉も不審がったので出来なくなりました

。 しかし俺の姉への欲求ははエスカレートし、夜姉の寝室に忍び込んで寝入った姉の胸を揉んでは部屋に戻ってオナニーしていました。

ある日それがバレてしまい、俺は開き直り姉に「Kちゃん(姉)が好きだ!」と告白したのですが、当然のように拒否され、親に呼び出され一家の重大問題になったりもしました。やがて俺も彼女を作り、姉も理解してくれて、元の仲の良い姉弟に戻りました。

そして13年の歳月が流れ、このGWでの出来事になるのでした。

俺自身、時々(彼女のいないフリーな時とか)当時の事は甘酸っぱい記憶として思い出すのですが、姉はすでに某資産家と結婚して幸せな日々を過ごしていました。

4月の初め、久々に姉から電話が掛かってきました。GWに旦那が接待ゴルフに行ってる間、独りで東京旅行に来るので、都内や横浜を案内して欲しいとのこと。姉との再会に心躍らせた俺は、二つ返事で了解しました。

数日後の昼過ぎ、姉がマンションにやってきました。 久しぶりに見る姉は以前にも増して胸のボリュームがあり、そのくせ顔とスタイルは加藤あいのようにシャープで、、改めて旦那に嫉妬するほどでした。

俺の部屋でしばらく雑談した後、一緒に夕食を食べに出かけました。姉が「田舎には無いようなカッコイイ所がいいな〜」と言うので、俺がいつもデートに使っているお洒落っぽいレストランに行きました。姉はとても喜び、会話は終始盛り上がっていました。

俺がトイレに立つと、顔なじみの店員が「今度の彼女はハイレベルですね!いいなぁ〜」と言うものだから、俺も姉とは打ち明けず恋人の振りをして自慢しました。

姉は「うふふ、、私もまだまだいけるでしょ?じゃあ今回はHも彼女がいない事だし、私が彼女になってあげようかな。なんて優しいお姉さんなんでしょ」と上機嫌でした。

その後、バーに飲みに行っても姉と一緒にいるとまるで恋人同士のようで、俺は嬉しくて姉への思いは本格的に復活してしまいました。


翌日姉をホテルまで迎えに行くと、迎えてくれた姉は胸元が大きく開いたシャツを着ていて、谷間が悩ましく覗いていました。ぴっちりとしたパンツごしに確認できるヒップは逆ハート型で,,,今日もまた、こんな魅力的な姉と一緒にいれるのかと思うと胸は高鳴りました。
青山で洋服を買い、ランチを食べ、夕方は車で横浜までドライブに行く事にしました。

車中で俺が「Kちゃん、まだ子供は作る予定はないの?父さんも早く孫が見たいって言っていたよ」と言うと、姉は神妙な声で「Sさん(旦那)いつも忙しいから・・・。それに私ってどうも子供ができにくい体質みたいなのよ。。。」
「・・・ごめんね、変な事聞いちゃって。まぁ焦る事も無いけどね。」
「今回だって私1人で、Hの所に遊びに来るのってやっぱり少しへんなのかなぁ〜。」
「ううん、、オレは嬉しいよ。やっぱりKちゃんの事が好きだし。」

俺はぽろっと”好きだ”と言ってしまいかなり焦りました。

「ふふ〜ん まだ私の事好きでいてくれたんだ。」
「いや、だから、、、好きと言うのは、ほら、兄弟とか友達とか、、いや、えっと、、」
「Hの過去の彼女見たらすぐに分かっちゃうわよ みんな私にそっくりなんだもん。」
「そんなつもりは無かったんだけど、、でも結局はKちゃんの方が色んな意味で上だったから、そんな余裕の発言ができるんしょ?」
「まあね でも私ね、、今だから言うけど、Hには本当に悪い事したって思っている。。。覚えている?小学生の頃、2人で押し入れの中で遊んでいた時の事。」
「うん、覚えているよ。。。あれは今思うとインパクトが大きかったからね。」
「・・・あの頃ね、友達の家でえっちビデオの鑑賞会したんだ。そしたら、もうそれが裏で!それでエッチに興味持っちゃって、Hが私のこと好きなのは知ってたから、つい実験しちゃったの。それで、、そのあと私が高校生の頃Hが少しおかしくなったじゃん?もう罪悪感で一杯よ〜。」
「KちゃんはKちゃんで葛藤していたんだね。オレもKちゃんに悪戯したのは罪悪感で一杯だよ。いま謝ります。Kちゃん、ごめんなさい。」
「いいえ、こちらこそ変な事してすみませんでした、ごめんなさい。」
「でもオレ思うんだ、結局はオレってKちゃんにそっくりな子とばっかり付き合っているじゃん。 これってどうにかして直らないのかなぁ?根本的にKちゃんの事が好きだからどうにもならないのかなぁ〜」
「H、、、私とセックスしたいの?

調子に乗ってずっと胸に溜めてたことを告白してた俺は、姉の一言で冷水を浴びたようにドキッとしました。

「Kちゃん、止めなよ、、、オレ本気にしちゃうよ。」
「冗談でこんなこと言える訳無いでしょ。私も責任感じているんだから!これは私たち姉弟だけの秘密なんだから、私たちだけで何とかしなくちゃだめでしょ。」
「じゃあ言うよ、オレ今でもKちゃんの事好きで、好きで仕方ないよ。好きな人とセックスしたいのは当然だろ?。」
「分かった、ここから一番近くのホテルに入って」

あれよあれよと、すごい流れになってしまいました。姉の唐突な決断には本当に驚かされます。

俺達は横浜でラブホテルに入りました。車を降りると姉は俺の腕を引き寄せ、ギュッと握りしめ寄り添うようにしてフロントに行きました。もう、恋人同士のようです。姉が余りにも腕を引き寄せるので肘が胸を潰し、その感触で俺のティムポはギンギンでした。

[つづく]