幼い頃の僕は両親がいなく寂しいものだった。

隣に越してきた親子に当時4歳のみよちゃんがいて、僕の友達として遊んだことを思い出す。いや、いちばん胸に焼き付いているのは、むしろみよちゃんのママのことだ。

幼少期の頃・・・僕の家は昼間は1人のことが多かった。みよちゃんのママはそんな僕を気にかけ、晩御飯を毎日作りにきてくれた。

みよちゃんのママは仕度が終わると僕をひざの上に座らせ、どうゆう訳かおっぱいを吸わせてくれた。しかも毎日である。今思い返しても、ママの行為の理由はよくわからない。

そんなある日の出来事。ママが「りょうくんこっちおいで・・・」と手招きしている。僕は何かと4畳半の部屋へ行く。すると「みよには内緒だからね」といいセーターをまくり大きなおっぱいを出してくれた。Gカップくらいはあったと思う。

僕は甘えておっぱいを存分に楽しんだ。毎日毎日おっぱいを独占してた。

そんな僕も中学生となり、みよちゃんのママのことが既に性の対象化となりつつあった時期だ。ママがいつものように晩御飯の仕度にやってきた。仕度をしている様子を後ろからじっと見つめながら、僕はママを犯す妄想をよくしていた。現実でも、仕度が終われば必ずおっぱいを吸っていた。

しかし、最近ではそれだけでは飽き足らない。僕は大きなおっぱいを吸いながら右手で揉んだりもした。ママは怒ったりしなかった。不思議だった。

僕はさらにエスカレートするようになった。忘れもしない。中3の時だ。ママがおっぱいを吸わせてくれる時に、僕は勝手にズボンを下ろし勃起したペニスを出した。それをママの左手に握らせ、「ママ・・・しこしこして」と頼んだ。ママは優しくしてくれて、僕は幸福感いっぱいでママの手の中にいっぱい射精した。

それからもずーっと御飯の仕度後はおっぱい吸いながら射精してもらった。いずれそれにも飽き足らず、高1の時にはママにしゃぶってもらった。実に気持ちよかった。おっぱいもじゃんじゃん吸いまくり、揉みまくり、しゃぶらせまくり、最高の時期だった。

大学に合格した時は、仕度後のママを押し倒しペニスをマ〇コにねじ込みピストンを繰り返した。若い僕は入れた状態で5回も出した。ペニスを抜くと信じられない量のザーメンが流れ出たのを思い出す。それでもママは怒ったりはしなかった。

大学生になってもずーっとおっぱいを吸いながら今の関係を続けていた。ママも45歳となり、大きなおっぱいも気持ち垂れ気味ではあるが、まだまだ現役である。大きさはほとんど変わっていない。ただ、乳輪だけは僕が吸い過ぎのため真っ黒になっている。でもやめられない。フェロモンが出まくっている熟女となった彼女と僕は、永年の付き合いから他の誰よりも相性がいいのだ。だから、いまだにおっぱいを攻めてペニスで突いてママをいかせるのが毎日の日課となっていた。

残念なことに、20歳となった今、ママは隣にはもういない。みよちゃんママは旦那の転勤で姿を消した。

だから、今は自分の彼女をガンガンにいかせる。容赦はしない。若い女はそれはそれでいいものだ。けれど、ママさんを超える女性にはまだ出会えていない・・・