「生理前で少しえっちな気分なので、胸を中心に気持ち良くしてもらいたいです」

ある掲示板の投稿にそう書かれていたので返信し、トントン拍子に話が進んで直接会うことになりました。

仕事を済ませて横浜に向かい、待ち合わせ場所に決めていたネットカフェのロビーにてワクワクしながら彼女を待ちます。約束の時間に現れた彼女は27歳で160cmくらいの、少しぽっちゃりな感じで胸の大きい女性でした。

「お会いできて嬉しいです!」

「こちらこそ…」

「カップルシートに移りましょう。」

カウンターで手続きを済ませ、2人だけのシートに移動です。 まずはお互いの事を中心にしばらく雑談。

自然に会話も出来るようになってきた頃、そっと彼女の肩を抱き寄せました。勢いで彼女の胸に手を当て、大きくゆっくり、豊かな胸を揉んでみます。指がどこまでもメリ込んで行きそうな柔らかさに、早くも興奮します。

「胸大きいね^^」

「Hカップです。。」

僕は彼女のカットソーを捲くり上げ、ブラのホックを外してあげました。彼女の素晴らしく大きな胸が露になり、僕の目の前に現れました。小粒のピンク色の乳首は、すでに軽く起っているように見えます。

僕は自分指に唾を少しだけ付けて、彼女の乳首に塗ってみました。

「うっ…」

彼女は待ちかねていたように愛撫を受け入れ、身体をビクンと震わせつつ色っぽい声を漏らします。メッセージのとおり、生理前で胸がかなり敏感になっているようです。

今度は指を彼女の口元へ添えると、彼女は無言で僕の指をおしゃぶり。彼女の唾液で十分に濡れた指で彼女の勃起した乳首を刺激します。乳房で大きく円を書くように指を這わせた後、少しずつピンクの中心部に向かって円を小さくしていきます。

僕の指が乳首の縁をこする度に、彼女はビクッと痙攣して小さく声を漏らします。たっぷりジラしていたら、我慢も限界に達したのか、彼女は切なげに自分から求めて来ました。

「舐めて下さい…」

僕は大きな2つの乳房を鷲掴みにし、ゆっくりと揉んだ後、いよいよ乳首にキスをします。

「あっ…あんっ!」

僕は彼女の固くなった乳首の先端に、硬く尖らせた舌を少しだけ当て、ゆっくり舌を動かしました。ビックっ!彼女の身体が小刻みに震えます。

「うぅ…はぁ…はぁ……気持ち、イイです…」

僕は優しく乳首を口に含み舌先で転がしながら、もう片方の乳首も指先でつまんでクリクリと刺激します。

「あっ! あぁ…イイ!」

彼女は僕の耳元でそっと囁きます。僕は高まってゆく彼女に応えるように、段々と激しく舌先を動かし、乳首をたっぷりねぶって時には強く吸い上げたりしました。彼女はこらえ切れず色っぽい声を上げて

「おねがい…もっと吸って。乳首でイかせて…

と求めて来ます。僕もすっかり興奮して、ますます強く彼女の乳首を吸い立て、もう一方の乳首をコヨリをよじるように捻ったりしてハードな刺激を加えました。

20〜30分ほど乳首を吸っているうちに、やがて彼女は本当におっぱいだけでイってしまったようでした。漫画喫茶というロケーションでは大きな声を出す事が出来ず、必死に声を我慢しながら感じてる彼女の表情は、どこか苦しそうで、そして気持ちよさそうでした。

今回は胸だけという約束だったので、1時間半程度の出来事でした。彼女は火照った身体を落ち着かせる為にお茶を飲んで、少しお話しをしてからお別れしました。僕の乳吸いに満足してくれた彼女とは、遠からずまた会う約束をしています。今度はSEXまで持ち込むつもりです。