紀子とは、母親がともに看護婦で同じ病院に勤めていたことから、小学校の3年生くらいになるまで、お互いに(非番の方の親に)預けられていた縁で、兄弟みたいな感じだった。紀子は目が大きくて、小さい頃からかわいいと人気者だった。

幼稚園か小学校1年の頃、一緒にお風呂に入ったこともあった。紀子は一人っ子で父親のしか知らないはずだったが、自分のを見て「大きいね」としきりに言っていた。自分はちょっと恥ずかしかったが、何故か嬉しくも感じた。

そんな紀子と、再び一緒に風呂に入ったのは、小学校6年の夏休みだった。

当時、お互いの親ともいない日は、彼女の家に遊びに行ったり夏休みの宿をしたりしていたが、その日はとても暑い日で、宿題が手に付かなかった。

そのうち、彼女が「暑いときは水風呂に入ると気持ちいいよ」と言い出し、「ねえ、昔一緒に入ったよね?覚えてる?また一緒に入ろうよ」と言った。

そのとき、自分はかなり動揺した。紀子6年生になると普段着でもその膨らみがわかるほど発育しており、その日もTシャツ越しに胸の隆起がクッキリ確認できたからだ。

強引な性格の紀子に押し切られるカタチで、結局一緒に風呂に入ることになった。

服を脱ぐときは「恥ずかしいから見ないで」といい、先に脱いで入ってしまった。彼女は湯船につかると「いいよ、入っても」と言った。自分は、前を手で隠して入った。

湯船で向かい合った紀子は、胸の前に手を組んでおっぱいを隠していたが、中途半端な組み方のため、かわいいおっぱいが湯の中で揺れていた。自分のは、もう勃起してしまっていた。

紀子は、「ねえ、隠しっこしないで、「せいの」で手を後ろに組もうよ」と言った。 自分は、勃起したのを見せるのが恥ずかしかったが、それよりも彼女の裸に対する好奇心が勝った。そして、風呂のふちに腰掛けてから、「せいの」で後ろ手にした。

お互い、食い入るようにその裸に見入ってしまった。紀子のおっぱいは、まだ手のひらに収まるほどの膨らみでしかなく、その先端の乳首は円錐のように飛び出していた。

紀子は紀子で、自分のものに見入ったまま、ちょっとかすれたような声で「すごい、大きいね。これ、勃起っていうんでしょ?」と言った。自分も、のどがカラカラだった。

紀子は「ねえ、さわってもいい?私のもさわらしてあげるから」と言った。紀子の手が自分のに触れると、あそこがビクッとしたように脈打った。彼女の小さな手が触れるたび、全身にフシギな快感が走った。

そして、今度は自分の番になり、そっと彼女のおっぱいに手を伸ばした。彼女の膨らみは思ったよりも弾力があり、円錐のように飛び出したおっぱいの先端(乳輪)は、奥にシコリのような硬さがあった。そこを触ると彼女は「そこは少し痛いの。だから優しくして」と甘えるように言った。

そして彼女は「ねえ、赤ちゃんみたいに吸ってみてよ」と言った。自分は吸い寄せられるように、小さな乳首に唇をあてた。今度は、彼女がビクッと反応した。「キャ、なんかくすぐったい」と。自分は、かまわず夢中になって吸った。本当の赤ちゃんのように。始めはキャアキャア冗談ぽく笑っていた彼女だったが、そのうち「ん…、ぁ」と声にならないような溜息を漏ら始めた。

風呂からあがった紀子は、今までにオナニーをしていたこと…あそこを机に押し付けて気持ちよくなる話や、自分で乳首をそっと触るとビクッと快感が走り、乳首が起つ話…などを話した。そして、さっき風呂で触られたり吸われたりした時は、一人で触るときの何倍も気持ちよかったことを話した。そしてまた二人は、お互いの体を愛撫しあった。いくら子供といえども、一度快感を覚えると、もう止められなかった。

そうして自分と紀子は、夏の間は何度もお互いを愛撫しあった。じきにおっぱいだけでなく、彼女のリクエストであそこも触るようになった(自分はまだ子供だったからか、おっぱいをいじる方が好きだったが)。小学生のくせに、紀子のあそこは愛液で濡れていた(当時は、それが何かよくわからなかったが)。

また、お盆に家族で海に出かけたあとの彼女は、スクール水着の日焼け後と白い肌、そして白い部分に浮かび上がった日焼け跡と同じ色の乳首が今まで以上に自分の欲情をそそり、一日中裸で過ごして飽きるまで乳首を吸わせてもらったりした。

紀子との秘かな遊びは、2学期になって学校が始まってもこっそりと続いた。紀子は、どうやったら子供ができるかとか、性教育で受けた話をし、二人で真似てみるようになった。

始めは先っぽだけしか入らなかったが、何度目かで成功した。自分も精通はまだだったし、彼女も初潮はまだだったので妊娠の心配はなかった。

そんな彼女との熱い関係は、じきに学校中に知れ渡った。もっとも初潮も精通もまだの二人がまさかSEXをしているなど誰も知らなかったようだが、紀子は学校で「○○の奥さん」などとからかわれるようになった。

何となく、学校では疎遠になったが、週に一度、彼女の家でこっそり会って関係は続いた。しかし、二人とも、それがいけないこと、隠れてコソコソすることに嫌気も感じていたし、何よりいつ親にバレないか常に心配していた。

そして、自分は中学は私立に行くことになった。その中学にあがる直前、紀子は初潮を迎えたことを話した。そして「これが最後だから」といって、彼女の部屋でSEXをした。

自分のものは、彼女との愛撫やSEXで鍛えられたのか(?)、いつのまにかムケていた。それは紀子も同じで、おっぱいの膨らみも直径が大きくなり、弾力性も増していた。勃起していない状態でも乳首がわかるようになっていた。僕は名残りを惜しむように、SEXしている間もおっぱいにむしゃぶりつき、激しくシツコいぐらいに乳首を吸いまくった。

紀子との関係は本当にそれまでで、再び再会したのは、成人式のときだった。晴れ着姿の彼女は、驚くほどの美人になっていた。当時、自分は彼女がいなかったが、何故か紀子とは殆ど話もしないで、そのまま別れてしまった。

その数年後、紀子は結婚の挨拶に来た。本当に突然で、びっくりした。何故彼女が挨拶に来たのかはわからなかった。でも、今度こそ本当に遠くにいってしまうんだなあ…と寂しく思った。

それから10年近く経ち実家に帰ったとき、紀子が小学生らしき女の子を連れて買い物に来ている姿を、近所のスーパーで見掛けた。彼女に似てかわいい子だった。声をかけることはできなかった。今も一人でいる自分が、何だか後ろめたく感じたからかもしれない。