浴室に入ると、姉は手早く自分の体を洗い、ぼーっとしている僕を「ほら、ひーちゃんも洗ったげるからこっちに来なさい」 と言って引き寄せました。

姉が僕を手際よく洗いながら少し前かがみになると、今まで僅かにポタポタとだけ垂れていた母乳が、噴水のようにシャーと出てきました。

搾るどころか触ってもいないのに、姉は気付いていません。さっきから出続けている母乳が僕のチンポに降り注いでいる事に…

生暖かい母乳の感触が…もうヤバイ!と思っていると、駄目押しが来ました。姉が僕の腰を洗おうとした時に、さっきからブラブラ揺れながら母乳を噴射していた姉の爆乳が、 僕のチンポに押し付けられたのです。

一瞬チンポが乳房の中にめり込んでプルンッと飛び出た瞬間、僕は耐えきれずに射精してしまいました。姉の顎から乳房にかけて僕の精子が大量にかかってしまいました。

「ごめんね…ごめんなさい!!!」慌てて僕が謝ると、姉は「もー!ひーちゃん!いけないなぁ、お姉ちゃんより先に出してどぉすんの、コラ!」 と言って、まだ精子の垂れている僕のチンポにキスすると、軽く精子を吸い出してくれました。僕あまりの展開に、とてもこれが現実とは思えませんでした。

さぁ、次はいよいよ湯船での搾乳が…

石鹸とザーメンを流し終えると、2人でバスタブに漬かりました。姉は、「ひーちゃん、オッパイの出るとこみたいでしょ?」と言うと自分のオッパイを両手でつかんで湯船の中で母乳を搾り出しました。お湯は一瞬にして乳白色に染まり、僕は初めて見る光景にただただ興奮するばかりでした。

「ひーちゃんも絞ってみる?」
「う、うん。。」

僕は巨大なオッパイを両手で掴むると、ぎゅうっと搾りました。母乳は激しく飛び散りました。僕の顔、髪の毛、後の壁、天井にも届いていたかも。

「オッパイ飲んでもいい?」僕は思い切ってお願いしました。「うん、いいよ。」姉はアッケラカンと応えます。

僕は両手で右側のオッパイを抱え込むと、大きな乳首にむしゃぶりついて、ひたすら母乳を吸い出しました。その間、姉は「ふふ、赤ちゃんみたいね。」と言いながら左側の搾乳をしていました。

僕はもう我を忘れて、母乳を飛び散らせながら両方の乳房を鷲掴みにすると、左右の乳首を合わせてキュウキュウ吸いまくりました。気が付くと「姉ちゃん、好きだ、姉ちゃん、好きだ…」とウワゴトのように呟いていました。

姉は1度僕の顔を胸にぎゅっと押し付けた後、僕の顔を上に引き寄せディープキスをしてくれました。

「お姉ちゃん、今夜はひーちゃんと一緒にいてあげるから、そんなに焦らなくてもいいのよ。」
「ここで泊まっていくの?」
「うん!お姉ちゃんもオッパイも逃げないわよ」

オッパイは薄甘い感じで、決して美味しいものではありませんでしたが、それが姉の巨大な乳房から出ているものであるという事だけで満足でした。気が付くと姉は僕のチンポを優しく撫でてくれていました。 僕は意を決して姉に言いました

「姉ちゃん、あのね、ダメならいいんだけど…その…」
「何よ、はっきり言ってごらん?」
「その…姉ちゃんのオッパイで、挟んでみたいんだけど…」
「挟む?…あぁ分かった、ひーちゃんパイズリの事いってるの?」
「うん…」
「まったくもお?、姉ねえちゃんのオッパイはオチンチンを挟む道具ではありません、男の子って如何してみんなしたがるのかな??…ひーちゃん、そんなに、してほしい?」
「うん、したい。でも姉ちゃんが嫌ならしなくてもいい。」
「…分かった、してあげる。上に乗っていいわよ。」

そう言い姉はバスタブに寄り掛かると、両手でオッパイをぐっと持ち上げ挟みやすいようにしました。

ああ、憧れの姉ちゃんが、母乳を垂らしながら爆乳を持ち上げて僕を誘っている…こんな事が現実になるなんて、今思い出してもこの時の僕は興奮で頭に血が上り、目の焦点も定まっていなかった筈です。

(かなりの興奮状態にあったので、部分的に記憶が欠落していて、 記憶をパズルの様に組み合わせながら書いています。)

僕がチンポを胸の谷間の下乳から挿しこもうとすると、姉は笑いながら亀頭を目掛けて母乳を噴射して遊んでいました。母乳が尿道を直撃する度に、チンポがピクン!と反り返るのが面白いらしいのですが、僕はパイズリで思いっきり出したかったので、すぐにオッパイの中にチンポを隠してしまいました。

姉はゆっくり、優しく、僕のチンポをさすってくれました。

チンポに絡まった母乳が爆乳との間で絶妙のぬめり感を出し、頭の上まで電気が走るような快感が襲いました。

「ひーちゃん、気持ちイイ?」
「姉ちゃん、ダメだよ…気持ち良過ぎてもうでちゃうよ!」
「もう、この子ったら!お姉ちゃんが飲んであげるから、さぁ、お姉ちゃんのお口に出しちゃいなさい。」

姉はそう言うと、オッパイを更に僕の股間に押しあて、僕の亀頭を露出させると、舌先で尿道をチロチロと数回舐めたかと思うと、亀頭を口に含み激しく吸い始めました。

僕は我慢できずに早々と射精してしまいました。余りの快感のせいで、僕の精子はドクドク、ドクドク、ドクドク、と止まる事無く射精し続けました。姉は最初はゴクリと飲みこみましたが、2回目のゴクリは喉に絡まったらしくかなり苦しそうでした。

「姉ちゃん、ゴメンネ、ゴメンネ…」僕はひたすら謝り続けました。すると姉は少し荒れた息遣いで、「ひーちゃん、気持ち良かった?今度はひーちゃんがお姉ちゃんを気持ち良くしなさい。いい、分かったかな?」と言いベッドへ僕をひっぱて行きました。

ベッドの上で僕は姉にじゃれ付くようにオッパイにむしゃぶりついていました。さっきあんなに母乳を搾り出したのに、おっぱいはどんどん溢れ続けていました。

僕が余りもおっぱいに執着し過ぎた所為か姉が、「ねぇ、ひーちゃん?オッパイだけでいいの?今日はひーちゃんだけのお姉ちゃんなんだよ。お姉ちゃんにもっと色んな事してもいいんだよ…」と言ってきました。

実はさっきから姉の股間はぐしょぐしょでヌルヌルだった事に気付いてはいたのですが、もうちょっとこの爆乳で遊びたかった(だってこの先多分2度とこれだけデカイ爆乳には出会わないと思います。)事と、少しいじめてみたかったのです(笑)

「え?だって姉ちゃん、やっと溜まっていたオッパイが出せて気持ち良かったでしょ?僕も姉ちゃんのオッパイ吸えて嬉しいよ。」
「ひーちゃん、それだけでいいの?」
「ふう〜ん。…もっと気持ち良くなりたい人、手を上げてくださーい!」

姉は顔を横に向けたまま小さく手を上げて、「…はい、したいです」と小声で呟きました。

その声を聞いて僕は一気に両足を抱え上げ、姉にチンポを突き挿しました。既にヌルヌルだったので、何の抵抗も無く挿入できました。姉は僕に抱きつき体を引き寄せると、狂ったように腰を振り出しました。姉のマムコは入り口が吸盤の様に吸い付き中では亀頭を絞るように絞めつけ 最高の快楽でした。

正乗位で1回終り(姉は2回逝ってました)、2回目に入り、姉を更に2回逝かせたのですが、僕がなかなか逝かないでいると、姉は突然マムコからチンポを抜いたかと思うとゴム引きぬき、「さぁ、ひーちゃん、ナマで来て!」と言って自ら挿入させました。

「ひーちゃん、もっと、もっと、お姉ちゃんと気持ち良くなろう!中に出して!お姉ちゃんに出して、もっと気持ち良くして!」

と激しく腰を振り続けました。もう(気持ち良さと何か吹っ切れた感じとで)僕も訳が分からなくなり、ひたすら姉の中に射精し続けました。一番圧巻だったのは、正乗位、騎上位、など向かい合う体位すべてで姉の巨大な乳房を口に含みながら突きまくれた事です。もう伸びる伸びる(笑)。ずっとずっと憧れていた姉のオッパイにむしゃぶりつき、果てしくなく吸いながら突き上げるのは夢のような気分でした。僕は頭を真っ白にして、時間の感覚すら忘れて、いつまでも吸って吸って吸って吸って吸って、突いて突いて突いて突きまくりました。

そして逝く瞬間は、姉に母乳を噴射させながら一緒に逝きました。もう朝まで6時間くらいハメ続けたと思います。

その代り、良く日マンションに帰ると姉は、「ひーちゃん、お姉ちゃんちょっとヤリ過ぎたみたい。立てない…」と腰にきてしまったみたいで、帰省も延期となりました。その間また悪化すると悪いので挿入は控えましたが、搾乳や乳吸いは姉が帰る日まで毎日続けました。