GWの初日、実家から姉が遊びに来ました。

姉は26歳ですが、昨年の夏に初の出産をしてから遊びに出掛ける余裕が無く、今回の連休に思いっきり羽を伸ばす為に子供と旦那を置いてやってきました。

夕方近く、マンションのインターホンが鳴り大きなバックを抱えた姉がやって来ました。姉と会うのは昨年の産後の病院以来です。

僕は驚愕と共に瞬間的に勃起してしまいました。姉のその巨大過ぎる胸に…。

もともと姉は爆乳でした。まだ実家で同居していた頃にオナニーのネタに姉のブラを使っていた時に見たサイズは既にIcupでした。僕が重度の巨乳マニアになったのは、姉の存在が影響していると確信しています。

姉はジャケットを着ていてもその爆乳は大きく主張し、ジャケットを脱ぐと白いブラウスからは黒いレースのブラジャーが透けて見えました。胸元はブラウスのボタンが今にも弾け跳びそうで、ブラに納まりきれない巨大なオッパイが上下に2段の膨らみを作っていました。姉は山咲千里似で、体のラインも意外に細めです。僕は姉のオッパイに気が行っている事を悟られないように雑談するのに必死でした。

姉が「青山、渋谷辺りで行きたい店があるから、渋谷で夕御飯を食べよう」と言うので、二人で出掛ける事にしました。

電車はGWなのに変に混んでいました。後から押されるままに、姉の後ろに覆い被さるようなカタチで納まりました。姉のお尻にチンポが当たり、勃起していると姉がもじもじしているので「やばい!」と思い離れようとしたら、実はそうではなく姉の左隣の男が右脇の下から左手の拳で、姉のオッパイを押したり手の甲で押し上げたりしているのです。

最初は僕も勃起しながら見ていましたが、だんだん腹が立ってきたのでその痴漢の後ろ髪を掴み僕の方に振り向かせ睨みつけました。幸い大事にはならず、そいつは次の駅で逃げる様に降りていきました。

姉は小さく「ありがとう…」と言うと、今度は僕に抱きつくような体勢に変えました。

片手で胸を押さえ、もう片方の手でしがみ付かれると、姉の良い香と共に眼下には、僕の体と姉の片手によって押し上げられた巨大なオッパイが隆起していました。

僕はもうそれだけで満足だったのですが…

ショッピングを終えて、渋谷の居酒屋で夕飯にしました。

僕は理想である姉とデートしているようで、とても良い気分でした。僕は、あわよくばココで姉を酔わせて、マンションに戻ってから寝た姉の巨乳を揉みたい!と思っていたので僕は酒を薦めたのですが、姉は「授乳期間中はね、アルコールはそんなに呑んじゃいけないの!」と遠慮したために作戦は失敗に終わりました。

ところが…

居酒屋で会計を終えてすぐに姉が「ねぇ、ひーちゃん(僕)、帰りの電車も又混んでいるのかな?」と聞くので、僕はここで初めて「多分混んでいるけど、ひょっとしてさっきの痴漢とかの事?」と、その話題に触れました。

「ううん、それもあるけど…」僕が問い詰めると姉は、搾乳をすっかり忘れていたのでオッパイが張り過ぎて痛いので、今すぐにでも搾りたいらしいのです。

僕は冗談で「この辺はすぐにラブホテルがあるけど、ちょっと休憩で入って出す?」と言うと、なんと「…うん、仕方ないからちょっと寄って行こう!どっち?」と予想外の返事が返ってきました。

もう僕は心臓がバクバクで破裂しそうでした。

ホテルに入ると僕はベッドに腰掛け、姉に「テレビでも見てるから、バスルームで搾ってきなよ」と勧めました。「うん、今御風呂にお湯いれる。飛び散っちゃうからお湯の中でだすね」と言って浴槽の準備を終えると、姉は僕の横に座りました。

「ひーちゃん、今日は色々とありがとう、最後までこんな面倒見てもらって。痴漢にも助けて貰ったしね!」
「僕も痴漢から女の人を守るなんて初めてだったからスッゲー緊張したよ」
「お姉ちゃんね、本当のこと言うと、あの時にお姉ちゃんのオッパイ 触ってるの、ひーちゃんだと思ったの」
「な、なんでだよ!僕が姉ちゃんに痴漢するわけ無いだろ!」
「お姉ちゃんね、知っているの。ひーちゃん昔はいつもお姉ちゃんの下着で一人エッチしていたでしょ?今日もずっとお姉ちゃんのオッパイ見ていたのも気付いていたんだから…」
「…ごめんなさい。でもね、姉ちゃんて僕の理想なんだよ。顔もやさしい性格も…」

「おっぱいもなんでしょ?」
「う、うん…それもある…」

湯船にお湯がはられた頃、「ねぇ、ひーちゃん、お姉ちゃんのオッパイ搾るの手伝って。一緒に御風呂入ろう」と言って、姉は白いブラウスを恥ずかしそうに脱ぎ出しました。

見た事も無い巨大な黒いレースのブラジャーからは、上の方から乳房が零れ落ちそうに溢れていました。スカートのウエストから贅肉が垂れる事も無く適度な肉付きがみごとなラインを作っています。

いよいよブラを外すと、巨大な洋梨のような真っ白いオッパイがヘソのちょっと上くらいまで垂れ下がりました。乳輪も巨大で、直径がアルバムサイズのCDくらいで茶褐色、小指の第1関節くらいの乳首からは母乳が既に滴り落ちていました。真っ白な肌と、色素の濃い乳輪が凄まじくエロかったです。

「お姉ちゃんのオッパイ気持ち悪い?お姉ちゃんの事嫌いになった?」
「そんな事ないよ!姉ちゃんとっても綺麗だよ!」
「ひーちゃん、ひょっとして変態?」

と茶化しながらも、「さぁ、ひーちゃんもお洋服脱ぎなさい」姉はなぜか母親のような口調になっていました。

お互い裸になると、「ひーちゃん、ちょっと凄い…ダメよ、こんなに大きくしちゃ!」と僕のビンビンに勃起したチンポに驚き、指先で軽く摘んできました。僕はそれだけで、もう射精しそうになるくらい感じてしまいました。

そして、胸と股間を高鳴らせ(笑)、バスルームに向かいました。いよいよ、姉との搾乳体験が始まるのです。

[つづく]