1つ下の妹は発育がよくて、6年のときにもうCカップくらいあった。

妹も自慢したいみたいで、いちどおれの部屋にきてキャミからおっぱいを出して「ほら、けっこう大きい?」とか平気で見せる。「揉んだらもっと大きくなるらしいで」と言うと、「ほんま?」と感心していた。それからは自分でもんだり、学校でも男子に揉ませたりしてたらしい。そのせいか、今は中2だが余裕でらしい。

夏休みは家の中ではキャミだけで、大きい胸をぶらぶらさせて目の毒だった。いちど風呂あがりに白いキャミでぼくの部屋にきた。乳首がぷくっと透けててめちゃエロいので見てたら「なになに、見たいん??」と笑うので「おう」というと「いいよ!」とキャミをまくった。

おれがめちゃボッキしてしまったら、「いやー、たってる〜!!」と笑ってぼくのをスエットの上から握るんで、こらえられずにあせってチンポを出して、床にふりまいてしまった。「うわあー!!」妹は出るとこを見るのが初めてで、「すごいすごい!!」と興奮してた。

ある日おれが補習から帰ってシャワーしてたら、妹も部活から帰ってきて、すぐにマッパになって入ってきた。自分でおっぱいをもみながら、「なあなあ、今すごいの見てん!」といってからだをぶつけてくるんで聞くと、2年のカップルが前を歩いてて、公園にはいるからのぞいたらトイレの裏にいってすぐにだきあってキスしたり、そのまま下半身をさげて入れあってたって言った。

そのカップルはおれも知ってて、女子のほうは歩いてても胸がゆれてる感じで、もうたぶんしてるだろなと思ってた。おれは想像して思いきり勃ってしまった。

「中に出してたんか?」「ううん、さいご抜いて、ぴゅーて出してた。お兄ちゃんのほうがおっきいで!おちんちん」といっておれのをさわるので、おれも我慢できずに手を伸ばして、妹のおっぱいを揉んだ。まだ芯がコリコリしてたけど、想像どおりたっぷりと大きくて弾力満点だった。強く揉んだら痛そうにしたので、今度は優しく時間をかけて揉みまくった。

おたがい興奮してハアハア言いつつ、そのままぎゅっと抱きあってディープキスした。妹も首に手をまわしてべろを入れ返してきた。妹の柔らかいけど弾力があるおっぱいが気持ちよくて、おれは我慢できなくて抱きあいながら射精したけど、まだ勃ちっぱなしだった。

あそこがあたるのでこすりあってたら「なあ、おっぱい吸って。あの子らもやってた」とせがむので、片方を揉みながらもう片っぽの乳首を吸ったら、見たことないくらい大きくとんがってふくらんだ。

夢中で乳首を両方吸ってやったら「あぁ〜」と声を出すから、おれは妹のあそこをなめて吸った。妹はあえぎまくりで、とうとう立ってられなくてしゃがんで、「お兄ちゃんのしたげる」とおれのチンポをしゃぶった。おれは快感の限界になって、妹を床に押し倒して抱きしめた。

「しよか?」「ええで!」

我慢できなくなって勢いよく入れた。何回か「痛いー」と言ってたけど、おたがい初でぎこちなく夢中で腰をふった。出そうになったので、あわてて抜いて妹のおなかにおもいきりぶちまけた。

やっと落ち着いたので、体をふいて部屋にもどった。妹はおれのベッドのよこにすわって「とうとうやっちゃったな〜」ともたれてきた。「好きなヤツとしたかったんやろ」と言うと「少しな。けどお兄ちゃんならいいねん」と答えた。

かわいくて押し倒して、抱きしめて体をもんだり、乳首が赤くなるまでおっぱいを吸いまくったりした。「なぁ。暑いわ」というので、またマッパになって抱き合って、はげしく入れあった。

夏休みの間に、妹とは3回ぐらいした。最近はしようとしたら「やめとくわー」というからしてないけど、おっぱいを揉んだり吸ったりはしょっちゅうしている。最近はおれに開発されて感度が良くなったようで、自分から「兄ちゃんおっぱい吸うてー」とせがんで来たりしている。