10年前の高校2年の夏休み中、持病の喘息の病状を調べるために検査をすることになって2週間の入院をすることになった。

入院をする病院には俺より10歳年上で「R姉さん」と呼んでいる幼馴染の看護師がいて、入院中は担当になることになった。

R姉さんは俺が幼稚園に通っている時からの知り合いで、お互いに住んでいる家が隣同士でよく一緒に遊んだりしていたのでたまに姉弟と間違えられたりしていた。

入院して初めての土曜日の午前中、R姉さんが部屋に来て「T君(俺)、恥ずかしいと思うけど正直に言ってね」と言い、俺が「どうしたの?」と聞くと小さい声で「オナニーをしたことある?」と聞いてきた。俺は返答に困ったが、仕方なくコクンと頷いた。

するとR姉さんは「看護学生のSさんは知っているよね。Sさんの看護実習の練習台になってほしいの」と言った。

俺は練習台の意味が分からず、「練習台って…どんなことをするの?」と聞くと「事故とかで長いこと動けない入院患者さんが…あの…溜まっちゃった時に…手で精子を出すの。その練習をさせてほしくて…説明のために私が一緒にいるから」と恥ずかしそうに言った。要は、俺を相手に手コキの練習をしたいという事だった。

Sさんは確か俺より2歳年上で、病院内で何度か会ったことがあるしSさんならしてもらってもいい≠ニ思って承諾し、その日の午後にすることになった。

午後1時半ごろ、タオルを数枚持ったSさんとR姉さんが部屋に来た。

Sさんが「T君、今日はよろしくね」と行ってパジャマのズボンとトランクスをゆっくりと脱がせてくれた。

R姉さんがSさんに「ゆっくりでいいから触ってみて」と言い、Sさんが俺のチンチンを触り始めた。大きくなり始めると「大きくなったらこういうふうに・・・」と説明して、そのうちに俺のチンチンは完全に勃起状態になった。

完全に勃起してもSさんは手コキを続け、少しすると俺はいきそうになって「ア…アノ…」と言ったが、我慢できずにいってしまい、精子が俺の身体にかかってしまった。

俺がトランクスとズボンを着た後、R姉さんが「やってみてどうだった?」と感想を聞くと、Sさんは「思ったより大きかったし、恥ずかしかったけど…経験できてよかった」と言い、俺は「恥ずかしかったけど…気持ちよかった」と応えた。R姉さんは「後でまた来るね」と言ってSさんと一緒に部屋を出た。

数時間後、俺が夕食を食べ終わった後にR姉さんが私服のTシャツにミニスカートの姿で病室に来て「T君、今日はありがとう。何かしてもらいたい事はない?」と言った。俺は何も思いつかに居ると、R姉さんは「だったら少しお話しようか」と言ってベッドの傍らに腰を下ろした。

俺の小さい頃の話になった時、「T君は私と一緒にお風呂へ入った事を覚えているの?」と聞かれた。「覚えてる…楽しみだった」と答えると、「甘えるフリをして私のオッパイを触ったでしょ」とイタズラっぽく言った。

俺は「小さい時のことだから許して」と笑って誤魔化したけど、少しして真顔で「R姉さん・・・オッパイを触っていい?」と聞いてみた。

R姉さんは少し考えて「T君だったら触っていいよ」と言ってTシャツの上からオッパイを触らせてくれた。ふかふかで柔らかくて、いつまで触っても飽きない感触だった。R美さんは、最初は照れ臭そうに笑ってたけど、やがて目を閉じてうっとりした表情になってきた。それが嬉しくて、俺はR美さんが気持ちよくなるよう、強弱をつけてエッチな感じでオッパイを触り続けた。

俺がR姉さんの胸を触っている途中、R姉さんが「T君・・・元気だったね」と言いながら俺のチンチンを触り始めた。

R姉さんは俺のチンチンが大きくなり始めたことに気付くと「楽になろうね」と言って俺のズボンとトランクスを脱がして手コキを始めた。「いきそう」と言うとR姉さんは「我慢しなくていいよ」と言ってさらに激しくシゴいた。ひとたまりもなく俺がイってしまった後、R姉さんはティッシュで精子を拭き取り、「私でよかったら、いつでもしてあげるからね」と言って、密やかに病室から去って行った。俺は1人になった静かで暗い部屋の中で、さっきまでの有り得ないような体験を反芻し続けていた。