高2の時の合唱祭で俺は指揮を振る事になった、理由は伴奏の奴に頼まれたからだ。

そいつは真希って名前で、剣道部の癖にピアノが上手く、何事にも真剣に取り組む奴だから俺は放課後も残って指揮の練習をした。

その日も俺らは2人で残って練習していた、

「○◯(オレ)は指揮振る時に下向くから変に見えちゃうんだよ」

「だってスコア見なきゃ分かんねーもん」

こんな感じで俺が真希に練習見てもらってる風になっていたんだけど、その時の真希は本当に手取り足取りで教えてくれていたので体が触れ合う事も良くあった。

童貞の俺には普通にキツかった。

教えてくれるのはありがたいんだけど、後ろに回って体を密着させるのはやめてくれと何度思っただろう。

ときどき勃起してしまう事もあり、バレはしないかと何度ドキドキした事か。

でも俺は音大を志望していたし、真希に至っては名前だけなら知ってる人も多いであろう有名な芸大に行こうとしていた。

だからそんなドキドキしてばかりではいられず、これも勉強だと真面目な思いを持って練習に望んでいたんだが、この頃の俺は真希を女として意識し始めていた、と言うよりもう好きになりかけてた。

だって真希は普通に可愛かったし、何に対しても凄くいい加減な俺に本気で接してくれていた、好きにならない方が難しかった。

だからつい体が触れていると、胸とかに肘をわざと当てたりしてしまった。

気づかれないようにやっていたつもりだったけど、何回かやると少し異変が起きた。

胸を手で押さえたり急に離れたり、わざとだと思われていないみたいだけど、何か言われるのが怖くて止めてしまった。

しかし、止めてしばらくするとまた我慢が利かなくなってしまい、どうしても真希の体に触れてみたくなった。

「真希、客席から見る指揮ってどんな感じかな?」

「あっそうか、どうせならそっちもしっかりやっときたいよね」

やっぱり食いついてきた、こいつは妥協が嫌いだから良く出来るところを言ってやればそこを直そうって言い始めるはずだ。

「じゃあ1回見本見せてくんない?後ろからの動きは分かんないし」

俺はそう言って真希に指揮フリの見本を見せてもらったが、指揮を見るつもりはなかった。

俺は真希の後ろから指揮の動きが分からないフリをして、彼女の背後に付き、

「ここはこうじゃない?」

などと言いながら体を密着させた。

そして真希の尻に勃起したチンコを擦り付けた。すると一瞬動きを止めて振り返る。

だがすぐに指揮を再開させた、俺はたまに質問しながらも腰を動かしていた。

真希は最初は答えられていたけど、段々しどろもどろになってきてしまい、俯き始め、そして顔を赤くして時々小さな声で

「やっ」

「あっ」

と言いながら悶えていた。

感じているわけではなく恥ずかしさからだろうけど、それでも十分だった。

俺は腕を真希の脇の間に入れ、胸を揉み始めた。

ビクッと体を震わせるが指揮を振り続ける、俺はカーディガンを捲り上げ、Yシャツのボタンを外してその中に手を入れ、胸を揉み続ける。

とても柔らかい、パウダークッションの3倍くらい柔らかい…。

胸を鷲掴みにし、乳首を捜すように親指で胸の前面を擦りあげる。

「やぁ・・・やめて」

いつもより半オクターブ高い声で拒否の意思を表す真希。

あまりにも可愛くて、つい言ってしまった。

「好きなんだ」

「えっ?」

「ごめんこんな事して。でも真希の事が好きで仕方なくてもう我慢できない」

俺は真希のシャツとブラジャーを捲り上げ、上着を剥ぎ取った。

そして後ろから抱き締める形で真希を正座のように座らせる。

そして胸を揉みしだく。

生で触る乳房は男の体にはない感触で、乳首は少し硬くなっている。

「やっやだっ!」

スカートに右手を入れ、パンツ越しにマンコを撫でる。

さすがに押さえつけてきたが、力が弱いので片手で真希の腕を後ろに組ませた。

パンツの中に手を入れてみたが、毛は思ったより少ない。

奥に進むと少しぬめっていた。

そのままマンコを延々と触り続けると、真希は喘ぎみたいな声を上げ始めた。

既にパンツの中もヌルヌルで、撫でると大きな声を出した。

「んっ・・・・・あんっ!」

自分がオナニーして出そうになると刺激を強くしていたので、真希にも同じようにしてみる。

毛が生えているところの、少し下のヌルヌルしたスジを手の平で揉みしだき、撫で擦る

「あっ!やっああっ!ああっ!あんっ!」

「やあっ!やだあっ!あっ!あっ!あっ!ああっ!!」

物凄い速度でマンコ全体を擦りあげた。すると大声を出して叫び体を大きくビクつかせた。

今思えば軽くイったのだろうけど、童貞だった俺にはよく分からなかった。

その日はそれで終わったが、それ以来、真希とは付き合うようになり、卒業するまでヤリまくった。

それぞれ別の大学に進学して離れ離れになっても、盆や正月の里帰りには必ず会って、久々のセックスに燃えた。