高校の2年間、彼女のカラダを堪能した。

最高だった。

カズキって言います。

今から10年くらい前の話だけど、高校生の頃は彼女のおっぱい吸いまくってました。

高1の終わり辺りから卒業まで約2年間付き合ってた、キョウコっていう同学年の女子がいたんだけど、かなり良い思いをさせてもらった。

学校終わってからの放課後、いつもおっぱい吸ってた。

あと、下の方もね。

直接のまんこよりもパンティ穿いたままの股間に顔を埋めて頬ずりしたり匂い嗅いだり舐めたりするのが最高に好きだった。

キョウコのスペックは、身長は160cmくらい、顔は結構可愛い。(NHK天気予報士の寺川奈津美に結構似てる)

性格も優しかった。

太ってはいないけど、おっぱいはDカップの美乳だった。

若いから垂れてないんだ。

乳首の色はピンクまではいかないけど、充分に綺麗だった。

高1の終わりにオレの方から告白して、向こうも割と好感抱いてくれてたらしく、OKされて付き合った。

と言ってもオレの方は最初からかなり好きだったけど、向こうは最初はそんなに大好きって訳では無かったみたい。

付き合い始めて色々話してみて、段々仲良くなってきて、やっぱり高校生男子って事でオレの性欲はサル並みだったから、すげぇエッチな事したくてしたくて、付き合い始めの1ヶ月後くらいから段々触れ合ってスキンシップする様になった。

軽く抱き合ったり、サヨナラのチューしたり。

スキンシップに関しては最初はお互いかなり緊張してた。(2人とも恋人できたの初めてだった)

まあキョウコも性的な事に関して結構興味はあったみたいで、オレに対して徐々に身体を許してくれるその過程が、すげぇドキドキして興奮して嬉しかった。

ほとんどオレの方が責め手で、キョウコは受け手だった。マグロという訳ではなかったけど。

んで、しばらくしたらおっぱいも許され始めた。

女子高生って事で、やっぱ肌がスベスベで気持ちよかったわ。

水を弾くってヤツ?若い子の肌はほんとヤバい。

オレ元々おっぱい大好きだったから、最初の頃はキョウコはやっぱり恥ずかしがって若干拒否気味にされたけど、オレが辛抱強くお願いして…まぁ母性が強い人だったのかな。

そのうち、

「舐められるの好きかも…可愛い。いいよもっと舐めて」

って感じで受け入れてくれて、俺最高に嬉しくてほぼ毎日フル勃起でDカップのおっぱいにしゃぶり付いてた。

マジで人生最高の思い出かも…。

何かオレは

「セックスしたい!」

ていうより

「おっぱい吸いたい!」

って感じなんだよね。ちょっと赤ちゃんっぽいww (まあセックスもしまくったけど…)

オレの部屋でイチャつく方が多かったな。

オレの両親は共働きだから、基本的に夜20〜21時まで帰ってこない。なもんで学校帰りはオレの家に行って、2人でマッタリしてた。

休日の日とかは日中から部屋でゴロゴロしてるんだけど、行き着く先はやはりおっぱいww

俺が大好きな体勢は、ソファーに座った俺にキョウコが股がって、おっぱいをプルンってさらけ出して吸わせてくれるスタイル。

彼女の背中とかお尻に手を回してね。この体勢大好き。いつもこれだった。今思えばおっパブみたいだねww

制服っていいよな…。ベットの上で制服のままの彼女を襲って、

「いやぁ〜ん」

って色っぽく声を上げるキョウコの下半身をまさぐったり、耳や首筋やお腹やフトモモや脹脛(ふくらはぎ)を舐めまくるのは超興奮した。

彼女と甘い時間を過ごす事以上の男にとっての幸せはオレは知らない。

「前戯」の「戯」は「たわむれる」って言葉。

その言葉通り、ベットの上で寝そべって絡まり合いながら延々と戯れてた。

布団の中で裸で抱き合ってクスクス笑いながらずーっとキスしてたり。

Tシャツ越しのおっぱい(ノーブラ)に顔を埋めてムニムニ〜!って"パフパフ"しまくるのが大好きだった。

すげぇいい匂いだった。

Tシャツ越しのおっぱい。

わざわざノーブラに着替えてもらったりしてたww

生乳も良いけど、Tシャツ越しのおっぱいも大好きなんだよね…綿のTシャツの柔らかい質感が母性に包まれてる快感っていうか…頬ずりしてクンクンしてしまう。

Tシャツ越しの乳首を口に含んでハムハムするのも好きだった。

そのままチュ〜ッて引っ張りながら吸ったり。

「も〜〜wwすっごいエッチで甘えん坊だよぉw」

ってキョウコ笑ってた。

その後はもちろんTシャツ捲って生乳にひたすらしゃぶり付く。

愛しい愛しい乳首を、これでもかと言うほど口で弄び、舌で転がし、吸いまくった。

母性の強いステキな彼女にマジで感謝だわ。甘えさせてもらってたなぁ…。

おっぱいを堪能する時間は1回につき3-40分くらいだったかなぁ…。長い時は1時間。

割と強くムニュ〜〜!って吸ってたので乳首痛くないかな?って思ったけど、

「平気、気持ち良いよ」

って言ってくれた。

まぁやっぱり痛い思いはさせたくないしな。大事な部分だし。

おっぱいが丈夫な人だったのかも。

おっぱい吸われたりTシャツ越しパフパフされてるキョウコは

「んっ、んっ…あっ、気持ちぃ…」

って可愛い声出して感じてた。

おっぱいだけでイケる子だったんだ。

30分のうち1-2回はイッてたかなぁ。

ビクビクッ!ってイッた後もお構い無しでおっぱい吸いまくって

「あっ!あっ…だめッ」

って激しく喘ぐキョウコの声を聞くのが大好きなオレはちょっとSだと自覚したww

「ホント気が変になりそう…」

って言ってた。でも本気で

「やめて」

とは言われなかったから、嫌ではなかったと思う。(むしろ良かった?)

この2年間で合計何時間彼女のおっぱいを味わったかな?

ムニムニの柔らかさ・水を弾く様な肌の質感・乳首の味わい、まだハッキリと覚えてる。

女体ってすげぇなぁ…。こんなもん創った神さま、あんたホントすげぇよ…ww

こう振り返ってみるとイチャイチャしてばかりの高校生活だったかなぁ…。

別れてから連絡取り合った事はあったけど、ここ5年間くらいは取ってない。

また会いたいなぁ。オレ今恋人いないし。

会えるかなぁ。会おうと思えば会えるかも…。

キョウコに彼氏がいなかったらね…という事で、高校時代の良き想い出でした。