あれは俺が中学生の時だった。

俺にはSちゃんという、小学校の頃からの女子の親友が居た。

この子は学校で一番の爆乳だった。

夏は制服からはみだしそうな爆乳。

Sは第二ボタンぐらいまで開けていたので、いつも谷間が丸見えだった。

その爆乳で俺は何度も抜いてきた。

男子の話の7割はSの爆乳の話でもちきりだった。

俺はSの家によく遊びに行ったし、泊まる時もあった。

Sと遊ぶ時はいつも楽しみにしている事があった。

Sの家に行くとの服はSはいつも胸元が空いていて、谷間とブラが見えていた。

Sと雑談をしながら、俺はSの谷間をガン見していた。

Sは気づいているかは知らないが、そんな事はどうでもよかった。

そしていつかは揉みたいと思っていた。

ある日、Sと雑談をしていると。

S「また胸大きくなったさw」

俺「えーどれくらい?w」

S「Eカップ!」

これを聞いた瞬間に俺のチンポはヤバかった。

S「最近、寝不足なんだ」

俺「俺も眠たい」

S「寝る?」

すると、Sは布団を敷き始めた。

Sと一緒に布団で暖まっていた。

S「あったかいね〜」

俺「気持ちいい〜」

S「本当に寝たらごめんねw」

俺「寝ていいよー」

数分後、Sは本当に寝ていた。

その時のSの格好はYシャツ1枚だった。

恐る恐るボタンを上から外し、揉んだ…。

おっぱいってこんなに柔らかいんだ…。

夢中で揉んでいると、Sが起きてしまった!

S「おいw揉んでんじゃねーよw」

寝ぼけながらSが言った。

俺「寝てていいよ」

Sは本当にコテッと寝てしまったので、今度はブラを外した。

自分の息子を取り出し、Eカップに挟んでしごき始めた。

それは、これまでに感じた事のない気持ちよさだったw

そのままSの胸に発射してしまい、Sが起きた。

S「ちょっと何やってんの!」

俺「欲望を抑えられなくてww」

S「これが精液?初めて見た」

Sは興味津々だった。

俺「Hとかした事ないの?」

S「やった事ない。精液出るとこが見たい!出せる?」

俺「パイズリって分かる?俺のチンポを挟んでシコシコするやつww」

S「分かったーwついでにフェラもしたげるねw」

Sが唾液を垂らし、滑りをよくしてくれた。

エロい音が部屋に響き渡って…そして間もなく、

俺「Sヤバい!イっちゃうよ!」

S「いっぱい出して!」

俺のチンポが脈打ち、ドッピュン・・・ドッピュン・・・。

Sの胸に大量に発射。

S「こんなに出すなんて・・・」

俺「気持ち良かった・・・」

S「またやろうね!」

そして俺はSの家を出た。

休みの日は毎日Sの家に行き、をした。

もう何年も会っていないが、今も忘れない思い出ですw

俺はもう立派な大人。そして時にはこれをオカズにヤっていますw

22歳のサラリーマンの体験談でしたw