消防の頃、夏休みに親戚の家に遊びにいった。そこには当時高校生で従姉妹のお姉ちゃんがいた。

すごくキレイになっていた。もっと幼い頃、よくお姉ちゃんと遊んでもらっていた。

お姉ちゃんは優しくて、時々イジワルする事もあったけど・・俺はお姉ちゃんが大好きだった。

親戚の家にきて二日目、俺とお姉ちゃんは家の留守番をする事になった・・・

その夜、夕食を取ったあとお姉ちゃんの誘いで、一緒に風呂に入る事になった。

お姉ちゃんと風呂に入るのは、多分初めてだったと思う。俺の心臓は高鳴りっぱなしだった・・・

初めてみるお姉ちゃんの裸体・・スタイルの良さ、乳房の美しさ、そして、女性器・・・俺が初めて性に目覚めた日かもしれない。

お姉ちゃんと湯船につかっている時も、背中を洗ってもらっている時も、心臓の高鳴りは止まらず、顔も真っ赤になっていたと思う。ペニスが起ったまでは覚えていない・・・

風呂上がり後、お姉ちゃんが近所のビデオ屋に連れていってくれた。俺はたしか、ドラえもんの大長編だったかのビデオを選んだ。

お姉ちゃんが選んだのは『バタリアン』だった。あのゾンビが人間の脳味噌を求めてさまよう、というヤツだ。

俺はこういったホラービデオが、死ぬほど苦手でお姉ちゃんに恐くてみれない、と言ったが・・・お姉ちゃんはホラービデオが大好きだった。

こうして二本のビデオを借り、俺とお姉ちゃんは家に帰った。

家に帰ると早速ビデオをみる事にした。お姉ちゃんが、夜も遅いからドラえもんは明日みようね、と言うので『バタリアン』をみるハメになってしまった・・・

とにかく恐かった。お姉ちゃんの背中にひっついて震えながらみていた。今でもトラウマになる位、ホラービデオは苦手だ。

お姉ちゃんの話では、俺は泣いていたらしい。小学生に『バタリアン』。普通泣くだろ?

ビデオも終り、眠くなってきた。その時お姉ちゃんが、私の部屋で一緒に寝ようね、と言ってくれた。

嬉しかった。正直一人で寝るのは恐いから。その夜、お姉ちゃんと一緒のフトンで眠る事になった。

まだ、『バタリアン』の映像が頭にあり恐かったけど、抱き締めてくれるお姉ちゃんの体が暖く、夏だけどそれは暑苦しくなく、むしろ心地よく、安心できた・・・

夜中の二時頃、なぜか目を覚ました俺は寝ていたお姉ちゃんをみた。お姉ちゃんはブラをしていない。心臓が高鳴る・・・

その時俺は・・風呂場でのお姉ちゃんの体を思い出した・・・

風呂場でみたお姉ちゃんの美しい裸体・・・俺はその二つの膨らみをパジャマ越しに触れてみた。それはとても柔らかく、さらなる衝動にかられ俺は・・・お姉ちゃんのパジャマのボタンを、外し始めた・・・

俺は、その美しい乳房にあるピンク色の突起を、指先で摘んでみた。

コリコリした感触に俺の身体はもう、熱く火照っていた。それは、夏の暑さのせいではなかった・・・

無意識に俺は、その突起を口に含んでいた。

それは初めての味の様で、でもひどく懐かしく、夢中になってくわえ、クピクピと吸い続けた・・・

その時、お姉ちゃんが、んっ!・・と声をあげた様な気がした。起きた!?

俺はとっさに乳首から口をはなし、お姉ちゃんを見上げた。お姉ちゃんは起きる様子はなく、眠り続けている様だった・・・

そして、さらなる衝動にかられた・・・気付いたら、俺の手はお姉ちゃんの下着の中にあった・・・

うっすらと生えた毛の中ににある割れ目に、指先を入れてみた。その中は温かく、ヌルヌルした感触が指に纏わりついていた。

俺は完全に興奮していた。もっとこの感触を味わってみたい・・と、その時!!お姉ちゃんの身体が、ビクッ!、と動いた。俺の興奮は、もう消えていた・・・

俺は自己嫌悪に陥っていた・・大好きなお姉ちゃんに、なんて事をしたのだろう。きっとお姉ちゃんは気づいていた、怒られる、嫌われる、そう自分を責めていた・・・

そんな俺を、お姉ちゃんはそっと抱き締めた。

何も言わず、眠っているのか起きているのか解らなかったけど、お姉ちゃんは俺を抱き締めてくれた・・・

俺は涙を流していた。お姉ちゃん、ゴメンなさいと、ありがとう・・と。

俺はまたお姉ちゃんの乳首を口に含み、いつまでもいつまでもノドを鳴らして吸い続けた。やがてその暖かな温もりのなか・・眠りについた・・・