下の弟は小学生の頃から結構人気があって、クラスメート(もちろん♀)からも「いいなあ、○○はカッコイイ弟がいて」とか羨ましがられました。

そんな弟とは仲も良くて、小5くらいまでは一緒にお風呂も入っていたけど、私が6年になる頃には胸も膨らみ始めて、弟の視線を意識するようになってから、なんとなく一緒に入らなくなっていました。私よりも弟の方が避けてたみたい。

でも、中1の夏休みに親戚の家に言ったとき、そこの親から「子供たちは一緒におフロに入って」と言われたので、そこの子(小5♀)と弟と3人で一緒に入りました。

その子は、ちょっとエッチというか、ませてる子で、おフロに入っているとき私に「お姉さん、おっぱいあっていいな」とか「触らせて」とか盛んに言っていました。

私は、その間その子のことよりも弟のことが気になって、おっぱいのことを言われて恥ずかしいのと、弟がどう思ってるのかなとか、(ひょっとしてちょっと露出の気があったのかわかりませんけど)見せびらかしたいというか、見てもらいたい気持ちと半々で、ドキドキしていました。

弟はその間、おフロの外で体を洗っていました。私たちのやりとりを聞いていたのか、オチンチンが半立ちみたいになってて、意外に大きいのでビックリしました。

おフロから出るときに、弟にも見えるように、立ったまま水を浴びました。弟はずっと私の裸を見ていたみたいです。

そのときは、それで終わったんですけど、、

ウチは親が共働きだったので、夏休みは私が部活から帰ったら弟と二人きりなんです。

夏休みも終わりに近い頃、家に帰ったら、なんか二階でバタバタ慌てた音がしていました。

二階に様子を見に行くと、弟が部屋に一人でいたんですけど、私が帰ったから慌てて何か隠したみたいでした。

「何やってたの、今何か隠したでしょ?」と問いつめたら、なんと私の水着(もちろんスクール水着)やブラ、それに私の小学校の卒業アルバムを慌ててベッドに下に隠してたんです。

私もその頃はオナニーについての知識は有りました。弟は昔からあそこを床に擦り付けて遊んでいて、母親はその行為を「床這い」と呼んで、「また床這いしてる、やめなさい」などと叱っていました。

更に問い詰めたら、私の卒業アルバムの写真を見ながら、ブラや水着を触ったりして「床這い」をしていたというのです。前に一緒におフロに入って、私の裸を見た時から、私のことを思い出してしていたんだそうです。

弟が私に欲情していることにショックを受けましたが、汚らしいという感情ではなく、上手くいえないんですけど、私を女性として見てくれたこと、私の興味を持ってくれていることへの嬉しいような気持ちも混ざった複雑な感情でした。

しかも弟は「お姉ちゃん、ごめんなさい」と泣いているんです。そんな弟の姿を見ていたら、急に弟が愛おしくなり、「別に悪いことじゃないよ、泣かなくてもいいよ」と弟を慰めてあげました。

そして、私も弟と一緒におフロに入ったとき、弟におっぱいのハナシを聞かれて恥ずかしかったこと、その後わざと裸を見せたこと、オチンチンが前より大きくなっていて驚いたことを話しました。

そして、弟さえ良かったら、裸を見せてあげてもいいこと、私を見ながら「床這い」をしてもいいことを素直に話しました。

弟はまだ泣き顔でしたが、嬉しそうな顔をして「お姉ちゃんの裸が見たい、、」というのです!

弟に裸を見せてもいい、なんて言ったけど、内心はドキドキでした。

弟には「こっちを見ないで」といいながら、制服のブラウスとスカートを脱ぎました。もうブラ(その頃はスポーツブラでした)とパンティーだけの姿です。

自分でもよくわからない気持ちのまま、ブラを取って弟の前に立って「いいよ、、」といいました。恥ずかしかったので、手は胸の前で組んだままです。

勇気を出して弟の顔を見たら、弟はポカーンとした情けない表情で私を見つめていて、思わず笑いそうになってしまいました。なんか、急に緊張が解けたみたいで、思い切って手を下ろし、気をつけの姿勢になりました。

その後、私は「床這いしてもいいよ」といったのですが、弟は「近くで見たい」といって私の前に立ち、長い間私の上半身裸の姿を眺めていました。そして、ついに「触ってもいい?」と聞いてきました。

私はもう予想がついていたし、ここまできたらもう弟に触ってもらいたいというのが本音でした。

私は乳首がすごく敏感で感じやすく、小6のときから服の裏で乳首が擦れただけで感じてモジモジしてしまったり…という具合だったので、弟に軽く触れられた途端、体がビクっと感じて、「ハン」という変な声を出してしまいました。(自分ではアンといったつもりでした)

弟の手が触れるたびに、自分でもよくわからないくらい感じてしまい、あそこが濡れてきたのがわかるくらいでした。

弟は調子にのって乳首をつまんだりしましたが、さすがにそれは痛かったので止めるようにいいました。(そのときはまだ成長途中で、上から見ると乳輪がプクっと円錐状に膨らんでいて、その裏側にしこりがあったのです。)

弟はかわりに乳首をなめたり、母乳が出るわけでもないのに、赤ちゃんのように吸ったりしました。そのたびに、私はビクっと感じながら、声を出していました。あとで弟に聞いたら、ずっと猫のような声を出しながら、「気持ちいい、もっと吸って」といっていたんだそうです(ああ恥ずかしい、、)

そうこうしているうちに1時間くらい経って、私も体の力が抜けたというか、その場で動けなくなってしまいました。記憶は半分以上飛んでいました。

弟とは、結局残りの夏休みの間、毎日のようにそんなことをしました。

学校が始まってからは、私の部活で帰りが遅くなり、家に帰ると母親が既に帰っていたのでチャンスは減りましたが、それでも親の目を盗んで時々イタズラしあいました。

私がオナニーして、弟がそれを見ながら「床這い」をしたり、そのうちお互いのアソコを見せ合ったり触るようになって、弟も「床這い」より私の手でしてもらうほうが気持ちいいというようになりました。

よく、弟におっぱいを吸わせながらオチンチンをこすってあげました。弟は赤ちゃんみたいに私の乳首を吸い続け、イク時にはひときわ強く、痛いぐらいに吸い立てていました。 弟はもちろん精通はまだでしたが、私の手の中でイク感覚は分かりました。

結局、私が高校2年になるまで、親の目を盗んでこういう関係を続けていました。弟が中学生に上がった頃には、もう惰性というか日常の一部みたいになっていました。

関係が終わったきっかけは、弟が自分の部屋に私の親友を連れ込んでSEXをしていたのを目撃してしまったからです。

私は弟が他の女性、それも親友に取られたと思い、友達が帰った後にとりみだして荒れ、弟に当り散らしました。でも、弟の「でも姉ちゃんとはSEXできないじゃん」という言葉で我に返りました。

弟とは、4年も関係を持っていたのに、お互いの体のことは誰よりわかっていたのに、最後の一線は一度も越えていなかったのです。どうしてもそれだけは許せない気がして、弟がしたいといってもいつも断っていたのです。

私はそれ以来、弟との関係を絶ちました。弟も、もう私には求めてこなくなりました。私はしばらくは失恋したみたいに、無為な時間ばかりすごしていました。

でも今思うと、あれ以上関係を続けていたら、もう戻れないところまでいってしまったとと思うし、あれでよかったと思っています。

それでも、私は弟とのことのせいで、男性に対してオクテになってしまい、処女喪失したのは28のとき。今のダンナさんと知り合ってからでした。