出会い系でヒットした人妻のMさん。メールのやり取りでLカップと書いてあり、会いたくて我慢できず車で2時間かけて彼女を迎えに行きました。

待ち合わせの駅前でピックアップした彼女はジーパンにTシャツを着てましたが、Tシャツのふくらみ方が見た事のないくらい。確かに全体的にポッチャリでしたが、胸もお尻も大きくてお腹の肉はありますが、とにかく胸の大きさに目がいって気になりません。

助手席に座った彼女がシートベルトをすると胸の谷間に食い込んで輪郭がクッキリと浮き出し、僕は興奮して顔は赤くなり、声は震え、アソコはジーパンから飛び出そうなくらいギンギンになりました。

メールでのやり取りが多かったからか、かなり気を許してる感じだったので「凄いムネですね〜」と思わず言ったら、「ずーっと見てるよね〜胸!事故るよ〜(笑)大きい胸好きなの?子供産んでから形は崩れるし、垂れて邪魔なだけだよ〜」と言ってました。

僕は思い切って「少し触ってもいい?」と聞いたら「運転中は危ないから、何処かに停めてよ〜」と言われました。

近くのコンビニの駐車場に停めて、胸を触りましたがブラの上からではもうひとつよく感触が伝わりません。頼み込んで4段フックを外してブラをずらし再度触ると、張りと重量感に驚きました。おなかは見えずへそまで胸がありました。

揉んでると彼女が「大き過ぎて気持ち悪くないの?あ〜〜胸大きいけど私かなり敏感に感じるんだよね〜〜。あら〜あなたのアソコ凄いね〜たってるの〜?」と言い僕のアソコをさすってきました。

コンビニの駐車場ではこれ以上は出来ないので、ラブホテルに行こうと提案したら、以外にもあっさりOKしてくれて、土地勘の無い僕は彼女の案内でホテルに向かいました。

ラブホテルでシャワーを浴びて出てきた彼女は、バスタオルが胸が大きすぎて隠しきれてないほどの身体でした。

無我夢中で押し倒してしまったら、「慌てないでよ、逃げたりしないから。まずはシャワー浴びておいでよ〜。奇麗なチンチンを後でいっぱい気持ち良くしてあげるから♪」と言われ、素直に手早くシャワーを浴びて、再び彼女の待つベットへ行きました。

オッパイにムシャぶり付いて揉んだり吸ったりしていると、口の中にほのかに甘い生暖かい液体があるのに気づきました。母乳でてるの?と聞いたらまだ少し出るんだ〜と言われ、母乳の味も堪能しました。

おっぱいが大きいのですが、かなり敏感なようです。乳首を強くつまむのが感じるらしく、いじくるたびに乳首の先から母乳が出てくるので僕が吸い取るを繰り返しました。

彼女は「気持ちいいわ〜。オチンチンしゃぶらせて!」と僕の息子をしゃぶりはじめました。バキュームフェラでジュルジュル音がして、かなりの高速フェラにいきそうになりました。

僕が「いきそうだから、待って!パイズリしてよ〜」といったら「いってからパイズリしてあげるよ〜若いからすぐ元気になるでしょ〜?」「無理です。精子全部出ちゃいそうなぐらい気持ちいいからパイズリしてよ〜」と更にせがむと、「仕方ないな〜」と言って息子を爆乳に挟んでくれました。

息子は埋まってしまうほど大きく柔らかく気持ちよく、隠れている息子にパイズリフェラまでしてくれました。

いきそうになるのを我慢して彼女のアソコに突入しました。騎上位で下から爆乳を揉み乳首をつまむと母乳がほとばしります。高速で動く彼女の腰使いにあっけなく果てました。

その後すぐに彼女が精子ごと吸い取ったまま、高速フェラですぐに回復して2回戦に突入!結局4回もしました。人妻の性欲の強さと爆乳を思う存分、堪能しました。