女子大生のななです。私が今年の夏に、満員電車で痴漢にあったときの話をするね。

その日の服装は、キャミソールとミニスカートを着ていて、たまたまノーブラ。っていうか、ブラをつけていくのを忘れたんだけど、自分で言うのもなんだけど胸は結構大きい方なので別にいいかな、と思ってそのまま家を出たの。

駅に行くと、もう電車が来ていたので、急いで飛び乗ったの。そのとき、私の大きな胸は、とっても大きく揺れてた。自分でも「ちょっと揺れすぎ・・・」って思うほど。

満員電車に乗ると、もうさっそく私の胸に目をつけたお兄様がいた。

はじめはずっと私の胸の谷間を見ていたんだけど、そのうちそれだけでは物足りなくなったのか、電車が大きく揺れたのをきっかけに私の胸をキャミソールの上から触ってきたの。

そして、はじめは胸をちょっとなでるぐらいだったのにだんだん激しくなって両手で私の胸をムギュムギュ揉みだしちゃった。

私はすっごく感じちゃって、もうちょっとで声が出そうになったの。

そしたらそのお兄様、今度はキャミソールの中に手を入れて、直に私の胸を揉みだしたの。もう乳首もビンビンに立ってたから、お兄様はすぐに乳首を見つけて親指と人差し指で乳首を「ギュッ!!」ってつまんだの。

私もお兄様もハァハァ言ってて、まわりの人達は白い目で私たちを見てた。キャミソールの肩ヒモもずれ落ちちゃって、胸も半分見えてたから、まわりのサラリーマンの人達は私の大きな胸と乳首をじろじろ見てたわ。

その時は、もう見られるのも別にいやじゃなかったし、どっちかといえば快感だったかも。とっても気持ちよかった。

私よりそのお兄様の方が先に電車を降りちゃったんだけど、降りる間際に「すごく気持ちよかった。また揉ませてね。」って言われちゃった。
それからそのお兄様には会ってないけど、その日から痴漢にあうのが楽しみになっちゃった。

またあのお兄様に会いたいナ!